乱視矯正ナビへようこそ♪

乱視という言葉を知らないという方は少ないのではないでしょうか。

 

乱視になるとどんな見え方になるかといいますと、物がゆがんで見えたり、二重に見えてしまったりという症状がでてきます。

 

最近はデスクワークでパソコンを使用することが多く、パソコンを使う作業をしている方は、本当に要注意です!

 

パソコンの画面を1日中見ていることになるのだとは思うのですが、作業と作業の間にちょっとした休憩を自分で入れていくことが大切です。

 

眼球を休ませてあげることが大切なんです!

 

乱視は大人だけでなく子供にも現れます!

目薬をうつのも手ですが、眼球を動かせてあげるのもいい目の運動になります。そういったことで少しでも乱視予防ができるといいですよね。

 

そして、やっぱり自分が乱視かどうか気になる!という方は、検査をしに眼科へ行ったほうがいいです。

 

自己判断するよりは、眼科へ行って調べてもらうのが1番なのではないでしょうか。

 

もしも乱視だった場合、矯正方法がありますので大丈夫なのですが、一般的にはメガネやコンタクトレンズを利用することになると思います。

 

本当に物がゆがんだり二重に見える方は、すぐにでもメガネやコンタクトレンズをした方がいいですね

 

車を運転される方なら尚更です!

 

コンタクトレンズとなると、ハードやソフト、種類でいえばアキュビューオアシスやワンデー アキュビューなどいろいろとあってわからないこともありかと思います。

 

でもメガネ屋さんに行けば親切に教えてくれますので、早め早めの準備をしていきましょう!

 

そんな乱視について他にも、子供の乱視やレーシック、視力回復、カラコン、度数、手術などなどの情報を詰め込みました。

 

少しでも、お役に立てれば幸いです!

どうやって矯正するの?

物がぼやけて見えたりゆがんで見えてしまう、乱視。

 

軽度の乱視に対しては矯正の必要が無いものも多いそうです。視力がいい・悪いに関係なく角膜ゆがみというのはほとんどの人に存在します

 

左右・上下のバランスが見事に取れた完全球体の角膜を持つ人を探すほうが難しいかもしれません。

 

少しくらいのゆがみがあってもその程度ならば人間の体というのは実に賢く機能的に出来ていますので、体の調節機能によって対応できる範囲内という事になります。

 

もし仮に全くのゆがみをなくした状態で見えるようにすると、気分が悪くなったり・フラフラしたりという状態になってしまう可能性もあります。

 

ですが「物が見えにくくて目が疲れる」「眼精疲労による頭痛や肩こり」といった症状のある人にとってはやはり乱視の矯正が必要でしょう。

 

乱視の矯正方法で最も一般的なものがメガネです。
乱視矯正用のメガネは円柱レンズというものを使います。

 

ただし、一口に乱視といっても正乱視と不正乱視といわれる2種類があり、メガネで乱視矯正できるのは正乱視の場合のみです。

 

角膜の表面に凸凹のある不正乱視の矯正についてはメガネではなくコンタクトレンズを用います。主にハードコンタクトをしようする事が多いようです。

 

どちらを使用するにせよ、自己判断ではなくまず専門家に診断してもらう事をオススメします。

 

また、外側からのコンタクトレンズやメガネといった乱視の矯正法ではなく最近では手術による乱視矯正法にも注目が集まっているようです。

 

【注目】 乱視用コンタクトレンズが驚きの価格!