ハードとソフトコンタクトレンズ、どっちがいいの?

乱視の矯正法として最もポピュラーな形といえばメガネですよね。

 

目に負担をかけないという点ではとてもいいのですが、どうしても顔の上に乗せるものですので、視野全般をカバーしきれないというのが難点です。

 

そういった点で便利なのがコンタクトレンズです。

 

コンタクトレンズには2種類ありますよね。ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ、では乱視にはどちらがいいのでしょうか?

 

乱視の矯正という点においてはハードコンタクトレンズの方がいいといわれています。

 

これはレンズと角膜の間の涙によって光の屈折を構成するからです。ですが乱視用のハードコンタクトがどうしても合わないという方もいらっしゃるようです。

 

通常コンタクトは瞬きの度に、目の表面で回転します。ですが乱視用のハードコンタクトは乱視矯正のために厚みが一定ではありません

 

このため目に違和感を覚えるまたは痛くて付けていられないという人も少なくないようです。

 

最近では乱視用のソフトコンタクトレンズも販売されてきていますので、どうしてもハードタイプが苦手な人はこちらを使ってみてもいいかもしれませんね。

 

そもそも目というのは「見る」という人間の体の中でも、とても大切な役割を担っている機関です。

 

今では研究・開発が重ねられ、乱視用のハードコンタクト・ソフトコンタクトレンズともに安全性の高いものとなっています。

 

ですが使用するにあたっては後々のトラブルを避けるためにも、必ず眼科に行って調べてもらい専門家に相談して選ぶようにしましょう。

 

【注目】 乱視用コンタクトレンズが驚きの価格!