乱視と老眼の違いを教えてください

主人が最近、新聞の文字や本の文字が見えにくいといってきました。

 

「最近なんか急にぼやけて見えるんだけど乱視かな?」と聞くので「老眼でしょ?」といったら「老眼じゃなく乱視!」の一点張り。

 

もともとかなり視力のいい主人。年齢的にも40歳を過ぎたところなので、そろそろ目に老化現象が現れてきてもおかしく無いですよね。

 

眼鏡が絶対に手放せない私にとっては羨ましいのですが、以前「見えにくいってどんな感じなの?」と聞くので「視界がぼやけてゆがんだり物が二重に見える」と答えたので、自分も目が悪くなったと思ったのかもしれませんね(笑)

 

でも乱視と老眼ってもともとメカニズムが違います。

 

乱視は角膜や水晶体がゆがむことによって起きますが、老眼は水晶体が加齢によってうまく機能しない事が原因で起こる症状です

 

眼科に行くのが一番早いと思うのですが、なかなかコシをあげないので、老眼か乱視かをチェックするために乱視表を見ることに・・。

 

やはり主人には濃淡などなくきれいな放射線に見えるそうです。結果がでたので眼鏡屋さんで眼鏡を作り一件落着です。

 

ですがふと疑問がわいてきました。主人は視力がいいので、老眼鏡で対処できますが、乱視と近視が混ざっている私が歳を取ると一体どういう状態になるのでしょうか?

 

「近視の人は老眼にならない」なんて事を言う人もいるけれど・・。眼鏡屋さん曰く、目の老化は誰にでもあるそうです。

 

近視の場合、眼鏡をはずした方が見え易いという現象が起こってくるそう。

 

私が、眼鏡を外した方が本を読みやすいと感じたら目の老化の始まりという事ですかね(苦笑)

 

【注目】 乱視用コンタクトレンズが驚きの価格!