乱視と近視との違い、原因はこれ!?

近視という言葉は良く聞きますよね。

 

皆さんが良くご存知のCマークを使った視力検査の結果、「視力が悪い」と判断される状態です。

 

近くの物ははっきりと見えるのですが、遠くの物はぼやけて見えます。遺伝的要素が強いと言われていますが、最近では生活環境の変化によるものも増えてきているようです。

 

近視が原因で乱視になる事があるのをご存知でしょうか?

 

見えにくいとついつい目を細めてしまいますよね。そうすると見え易くなるからです。ですがこの行為こそが近視から乱視になる原因なんです!

 

目を細める事で角膜が圧迫されるんですね。それを繰り返すうちに形がゆがんでしまうというわけです。

 

実際に私がそうでした。

 

中学の頃から視力が悪くなってきている事を自覚はしていたのですが、眼科に行くというのも億劫なので放置していました。

 

しかもテレビゲームや夜中の読書・・と目に良くないことのオンパレード。学校では黒板の文字を見るために目を細めるという事を繰り返し。

 

その結果、高校では近視と乱視の矯正のために眼鏡をかけることになりました。

 

今でも眼鏡は生活に欠かせないものですが、年齢とともに近視はそうでもないのですが、乱視の度合いが進んできているようです(涙)

 

やっぱりその状態では疲れてしまうので、先日レンズを換えました。

 

私の場合両親は揃って視力がいいので完全に後天的な理由です。もしお子さんが、目を細めて見ていたら早めに眼科に連れて行ってあげましょう

 

【注目】 乱視用コンタクトレンズが驚きの価格!