子供も乱視でメガネ生活に。。

乱視は大人だけのものだと思っていませんか?

 

残念ながら子供も乱視になります。

 

ですが子供がまだ乳幼児の場合、なかなか気がつかない事も多いものです。その為、表現方法や言葉の発達してくる3歳前後に発覚する事が多いようです。

 

子供の乱視は早期発見・早期治療がとても大切になってきます。目というのは外からの情報を取り入れるための大変重要な器官です。

 

それは大人でも同じです。何かの理由で眼帯をした経験がある人は多いはずです。

 

不便を感じませんでしたか?

 

それだけ日常生活の中でとても大きな役割をはたしているといえるでしょう。子供にとって目から取り入れる情報は、脳や成長の栄養源となっています。

 

体だって必要な栄養を確保できるだけの食べ物がなければ大きくなりませんよね。

 

それと同じできちんと見えない状態でいると、充分な脳の栄養素とはなりません。また子供の乱視をそのままにしておくことは、目にも悪影響です。

 

子供の乱視は、早い時期に気がつく事が出来れば、お医者様の指示の元にしかるべき矯正などの対処を行えば、成長過程の中で、ある程度の改善が期待できることなのです。

 

ですが放っておいていい方向に行くという事は考えにくいです。

 

悪い方向に進んでしまうと、弱視(メガネやコンタクトレンズで矯正しても見えない状態)になってしまう可能性があります。

 

こんな話を聞くと、子供を持つ親としては、心配になってしまうかもしれませんが、親ならきっと子供のわずかな仕草からでも「あれ、ちょっとおかしいぞ」という事を感じるはずです。

 

もしお子さんの目に少しでも違和感を感じるならできるだけ早く病院に行きましょう。

 

【注目】 乱視用コンタクトレンズが驚きの価格!