乱視とは具体的にどういった症状のことを指すの?

乱視という言葉を聞いたことがありますか?

 

おそらく、近視・遠視などに並んで目に状態を表す言葉である事は誰もがご存知ですよね。ですが実際にどういった症状を指すのかといわれると、はっきりと説明できない方が殆どだと思います。

 

では乱視とは一体何なのでしょうか?

 

目には角膜や水晶体といわれる部分があります。物を見るときのレンズの役割をしている部分です。

 

例えば人間の体のどの部分をとっても全く対称であるということは無いですよね。ですが、ある程度の違いはあるもののほぼ同じ形状です。

 

角膜も通常、完璧ではないものの、ほぼ球体です。

 

先天的な原因や怪我や病気といった後天的な原因で角膜が楕円形になっている事があります。

 

虫眼鏡を思い浮かべてもらうと良くわかると思うのですが、虫眼鏡はきれいな円ですよね。そのレンズを通す事によってピントが合い、物がきれいにはっきりと見えるわけです。

 

もし楕円形のレンズならどうでしょう。焦点が合いませんので、当然はっきりと見えないことはわかりますよね。

 

これが乱視の状態です。

 

難しくいえば、屈折率の違いによって物体の映像がぼやける事です

 

ですから見ている対象の遠近に関わらず物が二重に見えたり、ゆがんで見えたりぼやけて見えるということになってきます。

 

乱視があることで視力がどんどん悪くなってしまうという事は無いようですが、物が見えにくいと人間ははっきりした画像を捉えようとしますので非常に目を酷使する事になります。

 

乱視はメガネやコンタクトレンズによって矯正する事ができる場合も多いので「なんだか物が見えにくい」という場合には一度眼科に行ってみましょう。

 

【注目】 乱視用コンタクトレンズが驚きの価格!