乱視の検査は必ずしも眼科に行く必要はない!?

視力判定は皆さんご存知ですよね。

 

大きなものから小さなものまでCがたくさん並んだものを一方の目を隠してあいた方向を言い当てる検査です。

 

これで知る数値によっていわゆる「目がいい」とか「目が悪い」とか言う判断基準になる訳です。

 

ですが視力の良し悪しに関しては本人が自覚している場合も多いのですが、意外と気がつかない事が多いのが乱視です。

 

では乱視の検査とはどういったものなのでしょうか?

 

病院に行かずに調べる乱視検査法として乱視表があります。

 

円形に中心から法斜線上に均一に線がひかれているというものです。

 

普通ならばこの放射線状の線の太さや感覚は均一に見えます。

 

ですがこの表を見ていて、縦や横といった方向にだけ濃く見えたり薄く見えたりする場合は乱視の可能性が高いといえます

 

下記に自分でチェックできるサイトを紹介しておきますので「もしかしたら・・?」と思い当たる人は一度試してみてくださいね。

 

そして眼科や眼鏡屋さんで使われている乱視の検査方法がオート・レフラクト・ケラトメーターという機械を用いてするものです。

 

これは視力を測るものではなく、眼鏡やコンタクトで矯正する際の度数をはかる機械です。

 

検査方法はいたって簡単です。機械の中を覗き込むだけです。ほんの数分で完了してしまいます。

 

乱視は角膜や水晶体のゆがみから生じる症状です。ですが、きれいな球体の角膜を持っている人というのはほとんどいません。

 

ですので実は軽度の乱視を持ってる人はかなりの数に上ります。

 

「見えにくい」という状態を放置しておくと「眼精疲労」にも繋がりますのできちんと調べることが大切です。

 

● 自分で出来る乱視検査はこちら

 

【注目】 乱視用コンタクトレンズが驚きの価格!